2015年1月16日、S-11・Beyond MDGs Japan一般公開シンポジウム「持続可能な開発目標(SDGs)とポスト2015年開発アジェンダ-国際論議の現状と実施へ向けた課題-」を開催しました

イベント|2014/12/02 posted.

環境研究総合推進費S-11・Beyond MDGs Japan一般公開シンポジウム
持続可能な開発目標(SDGs)とポスト2015年開発アジェンダ
-国際論議の現状と実施へ向けた課題-

ミレニアム開発目標(MDGs)の達成期限である2015 年以降の国際開発目標として、MDGsで積み残された課題(ポストMDGs)及び新たな課題に対応した「持続可能な開発目標(SDGs)」を統合した「ポスト2015年開発アジェンダ」が検討され、2015年9月の国連総会で採択される予定です。本シンポジウムでは、これに関連する国内外での議論の最新動向についての報告を行い、2030年目標やターゲット、それらの進捗を図る指標のあり方を考えました。また、関連する国際・国内政策実施へ向けた課題を検討することで、科学及び自治体・企業等との持続可能な連携のあり方について議論しました。

開催報告はこちら

日時 2015年1月16日(金)13:00~18:00
場所 国連大学3階 ウ・タント国際会議場(東京都渋谷区神宮前5-53-70)
定員 300名
言語 日本語/英語(同時通訳あり)
参加費 無料
主催 国立大学法人 東京工業大学(環境省環境研究総合推進費S-11)/国連大学サステイナビリティ高等研究所
共催 環境省/Beyond MDGs Japan/国立大学法人 東京大学大学院教育学研究科/国立大学法人 東北大学大学院環境科学研究科/公益財団法人 地球環境戦略研究機関
後援 国連広報センター

 

プログラム

司会:野崎由美子(元テレビ朝日アナウンサー、テレビ朝日アナウンサースクールASK講師)

PDFダウンロード
12:30-13:00 受付
13:00-13:10 開会挨拶

  • 東京工業大学学長 三島良直
  • 国連大学学長 デイビッド・マローン
13:10-13:20 挨拶
外務省国際協力局参事官兼地球規模課題担当,大使 大菅岳史
13:20-13:50 基調講演:ポストMDGs とグローバル・ガバナンス
参議院議員/東海大学教授 武見敬三
13:50-14:20 持続可能な開発目標(SDGs)をめぐる国際動向とS-11からの提案
東京工業大学大学院准教授/国連大学高等研究所シニアリサーチフェロー/S-11プロジェクトリーダー 蟹江憲史
14:20-14:30 休憩
14:30-16:00 パネル討論1:ポスト2015年開発アジェンダへの示唆 -科学からの声と政策
座長:東京工業大学大学院准教授 阿部直也
パネリスト:

  • 住友商事顧問 荒川博人
  • 東京大学大学院教育学研究科准教授 北村友人
  • 文部科学省研究開発局環境エネルギー課環境科学技術推進官 木下圭晃
  • 東北大学大学院環境科学研究科准教授 馬奈木俊介
  • 公益財団法人地球環境戦略研究機関所長 森秀行

質疑応答

16:00-16:15 休憩
16:15-17:45 パネル討論2:実施をどうするか?日本が何をすべきか?
座長:蟹江憲史
パネリスト:

  • 一般財団法人CSOネットワーク事務局長 黒田かをり
  • 東京大学大学院工学系研究科・教授/水災害・リスクマネジメント国際センター・センター長 小池俊雄
  • 国連環境計画国際環境技術センター(UNEP-IETC)所長 スレンドラ・シュレスタ
  • 環境省地球環境局国際連携課長 瀬川恵子
  • 外務省国際協力局地球規模課題総括課首席事務官 高田勝信

質疑応答

17:45-18:00 閉会挨拶

  • Beyond MDGs Japan運営委員会事務局長/国立国際医療研究センター 仲佐保
  • 国連大学サステイナビリティ高等研究所所長 竹本和彦

【関連リンク】
環境省プレスリリース(2014年12月2日)

お問い合わせ先:環境研究総合推進費S-11(POST2015)事務局

東京工業大学
〒152-8552 東京都目黒区大岡山2-12-1 NE-30
Email: info@post2015.jp / TEL & FAX: 03-5734-2906