2015年1月30日に S-11国内ワークショップ「持続可能な社会に向けて~国際社会の目標と私達にできること~」を京都にて開催しました

イベント|2015/01/20 posted.

「持続可能な社会に向けて~国際社会の目標と私達にできること~」開催概要

日付 2015年1月30日(金) 13:00-16:00
場所 リーガロイヤルホテル京都 二階「ル ボワ」
京都市下京区東堀川通り塩小路 下ル松明町1番地
アクセス: http://www.rihga.co.jp/kyoto/access/index.html
主催 環境省環境研究総合推進費S-11 持続可能な開発目標とガバナンスに関する総合的研究(POST2015)
参加費 無料
参加登録 メールアドレス「kyoto2015ws@gmail.com」にてお申し込みください。

 
2015年、「ミレニアム開発目標(Millennium Development Goals: MDGs)」が節目を迎えます。2000年9月、飢餓や貧困といった主に発展途上国が直面する課題に対する目標として国連はこのMDGsを設定しました。現在、国際社会においてはその先を見据え、「持続可能な開発目標(SDGs)」の設定に向けた活発な議論がなされています。発展途上国にとっての課題だけでなく、先進国にとっての環境問題なども踏まえ、新しい国際目標として世界全体が取り組めるものを明らかにしようという意識が高まりつつあります。

そうした国際的な動向を踏まえつつ、今後どのような社会を形成していくべきか、そしてそのためにはどのような取組ができるのか、可能なかぎり多くの人々がそれぞれの立場から意見を出していくことが大事とされます。

本ワークショップでは、京都を中心に様々な取組を進める方々をお招きし、国際的に議論が進むSDGsについて一般市民に広く周知しつつ理解を共有しながら、「持続可能な社会」とそのためにそれぞれができる取組について考えます。バランスのとれた議論を実現するために研究者だけでなく実践者を講演者に迎え、市民にとって国際目標がどのように影響があるのか、市民ひとりひとりができることは何か等をテーマに議論を行ないます。

プログラム(予定)

プログラムPDFダウンロード
13:00 開会
 セッション1:講演 -持続可能な開発とは?-
13:00-13:30 持続可能な開発目標(SDGs)に関する国際的な動向と日本へのインプリケーション
  森 秀行 (地球環境戦略研究機関(IGES)所長)
13:30-14:00 SDGsを実現させるための手段としての資金
  森 晶寿 (京都大学大学院 准教授)
14:00-14:30 京都の取組を世界に広げる ~こどもエコライフチャレンジ~
  豊田 陽介 (NPO法人 気候ネットワーク主任研究員)
14:30-15:00 京の町家から世界に笑顔を ~マラウイ飢餓の起きないむらづくりの現場から~
  原田 悠子 (公益社団法人 日本国際民間協力会(NICCO)海外
  事業部課長)
 セッション2:パネル・ディスカッション
15:00-16:00
  • ファシリテータ: 森 秀行 (地球環境戦略研究機関(IGES)所長)
  • パネリスト:
    • 森 晶寿 (京都大学大学院 准教授)
    • 豊田 陽介 (NPO法人 気候ネットワーク主任研究員)
    • 原田 悠子 (公益社団法人 日本国際民間協力会(NICCO)海外事業部課長)
16:00 閉会